PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

じゃーーーーっっっっく!!

ナイトメア・ビフォー・クリスマス

とはいっても24ではありません。時間もリアルタイムで進行していません。

この映画は高校の頃から見たいと思っていたのに、気がつけばこんな年に。笑

映画を見た事ない人でも、あの雰囲気に惚れてしまう人は多いはず。ぼくもそう。

王ドロボウJINGとかね。

ドライな色調とか、角張ったライン(?)とかとか。大好物ですよ。

ずっとずっと見たいと思ってた作品だけに、期待はずれになったら恐いな、とも思ったけどそんなことはなく。

期待以上に素敵なシーンで溢れかえってました。

いきなり歌いだすとかね。外国アニメは大好きよ。歌と演技を差別しない感じが。

| 映画 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぼくもそう

ダウト~あるカトリック教会で~


コレを見ました。

おすすめは、、、しませんw

でも見てよかった。心に残る(本当の意味で)作品でした。

そして、なんともムナクソ悪い映画。笑

でもよかったんだよ?←


タイトルの通り、「疑念」に取り憑かれたシスター。こいつがホントにむかつく。
だけどムカつく理由を探ると、やはり自分にも同じようなところがあるからで。

彼女の頑固さ、取り繕った自信、自己中心的な矛盾。
目に余って痛い程、彼女の行動には嫌気がさすのだが、ムカつけばムカつく程、我に返ったときに「あれ、実はおれも、、、。」と思わされるのだ。

そして彼女を取り巻く人々も、まさに自分自身で。

小さなカトリック教会が、一人の人間の葛藤を思わせるのだ。

だから、いやと言う程、自分を見つめ直させられる。

それ故に苦しい。見たくない衝動に駆られる。

でも、自分なんだろうな。この汚いものが。

| 映画 | 13:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。