PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

おさむし

昨日、課題授業をこなすために両国見学に行ってきました。

両国橋、回向院、吉良邸跡(忠臣蔵の人の家)などをまわり、最後は江戸東京博物館へ。

本当は常駐展示の江戸の町並みも見てみようかと思ったんだけど、疲れてたんでやめときました。

そのかわり特別展示の手塚治虫展を。

お金ないし、疲れたし。最初入るのにちょっと躊躇したんですが、「本物に触れることは絶対にプラスになる!」と思いいざ出陣。

さて、結果は。



あぁ。。やべぇ。。。

逃げ出したくなった。←

小学校の頃に書いたノートの漫画。

ほんとに驚いたんだけど背景描いてあんのね。

小学校の頃、友達数人と一緒に漫画書いたことありましたさ。

でも誰一人として、背景を書き込んだり、コマに奥行や、構図を考えたりしてるような人はいませんでしたわ。

それが最初の展示だったんだけど、それでもう「うわぁ。。。」って。

「漫画を書くために産まれたんですか」と。

しかも線に迷いがない。がっつがっつ書き込んで、がっつがっつ絵が浮き彫りになっていく感じ。
手塚治虫が絵を描いているフィルムを見ていて楽しかったよ。

中学の頃には自分で昆虫図鑑を作ったり。写真かよってくらい上手い。
てか、図鑑の昆虫の絵ってあるじゃない?あれを自分で書いてんの。そのまんま。

それを何百ページ。。。

漫画の原稿も展示してあったんだけど、あの人の絵って単純なんだけど線が生きてるんだよね。
キャラの顔もとても無駄を省いて漫画的に仕上げているのに立体感がある。
動きがある。

単純なキャラを動かすには、やっぱりそれだけの画力と想像力があるんだと感じた。

漫画家になってから、もはや数えられない(数えたくない)程の作品を世に生み出して。

それもひとつの作品が短編ならまだしも、それぞれかなりの長さを持った作品であるし。

アイディアも、内容も、もちろんすごいし。


早く、展示会を出たかった。

先に進むにつれて、作品がすごくなるなら、それ以上を見たくない。展示会の序盤でそう思ってしまった。

それか、歩くのやめようか。とか。

でも頭の中で自分をかみ殺しながら最後まで出てきて。

「あぁーーー!!」って叫んだり、何かをがんがん殴ったりもしたかったけど、そんなことできないしw

せめて叫びたかったなぁ。笑

なんで東京ってそういうことができる場所がないんだろう。ってたまに思う。

たまにはひたすらバカになりたいのになぁ。



あぁ。とにかくすごかった。

「頼むから、仕事させてくれ」

最期はそういって亡くなったそうだ。

おれもちゃんと前のめりに死んでいけるかな。
スポンサーサイト

| 雑記 | 16:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syokorapocket.blog53.fc2.com/tb.php/60-b3ded740

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。