PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

殺しのライセンス

ブルーハーツの「殺しのライセンス」って曲が好き。

殺しのライセンスを道で拾った。やったー嬉しいな!

って曲。変な歌。
たぶん同名の映画があるからそれから来てるんだろうけど、そっちは見た事がない。
けっこう古い映画。

そんで今日の雑記はこんな軽いノリでなく、殺人について。

以下、追記。





どうして人を殺しちゃいけないのか。

中学の卒業のときに担任に言われた。
先生は「はっきりとした答えは言えない。でもひとつ、駄目な理由があるとすれば、自分が殺されたくないから。」
そう言ってた。

むかつく人間がいて、ぼっこぼこに殴って殺したい。
そういう感情って、じつは凄い自然な事なのかもしれない。

実を言えば、自分は今まで、頭の中で何人も人を殺した。
むかついて、むかついて、しょうがないとき。どこにも叫び散らす場所が無いとき。

自分の内側に閉じこもって、一方的に相手を殴りつけて、、、気が晴れるまで。

仲のいい友達でも、むかついたら、頭の中で何回も殺してた。
…。本当に切れたときだけだけど。

人と接する事に臆病になってからは、そんな風にして自分を保ってた。
けんかして言い合う事が怖かったから。

って。。おっとっと。

こんなことを話したいんじゃない。じゃない。

えっとね。本当に人殺しをする場面が来たら、どうしようかなって考えた事があるんだ。

人殺しは、言い逃れの出来ない犯罪だ。
だから、それを分かった上での犯行になる。

どうする?
完全犯罪をおかして、どこか知らないところに逃げ延びる?

おれはそんなの絶対いやだね。

そんな事をするくらいなら、正々堂々とそいつと殺し合って(相手が受け入れるかは分からないけど)
そして、殺したあかつきには隠れずに全部、警察なりになんなりに喋ってしまう。

自分が殺したいと思った理由。全部を。

それで分かってもらおうという訳じゃない。犯罪だから。
でも、逃げるよりも、何よりも、自分の行った行動に対しては、たとえ殺人であっても責任というか、理由を持ちたい。

だから全部話してしまう。

そうやって思ってるから、たぶん今後も殺人なんてしないんだろうな。
人を殺せる程の理由は、今のところ持ち合わせていない。

話が飛び過ぎだけれども、殺人じゃなく、普段の生活だってちゃんとそうしていたいな。
一応、そんな風には思ってる。

自分を客観視して、けっしてそうとは言い切れないけれど。
スポンサーサイト

| 雑記 | 09:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syokorapocket.blog53.fc2.com/tb.php/29-ebf12dab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。