PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バスに乗って




ぶっちゃけ音楽紹介が楽しくてしょうがない。

中学、小学校、果ては幼稚園の頃の記憶まで引っ張りだしてきたいと思いだしたから、いつ終わるかわからん。

だらだーら、といきます。

今回は、oasisからwhatever




中学二年くらいのころかなぁ。sonyのCMでこの曲がかかってて、どうしても気になって図書館で借りてきた。

ちなみに図書館は無料なので、中学から今に至るまでずっと利用させてもらってる。ありがとう。練馬図書館。

最初のアコギが好きで、よく真似してた。

あと最後、騒いでる人たちの「なんばーわーんっ!!」ってのが好き。笑

I'm free
から始まる歌詞って、中学のちっちゃな頭にはすごく大好物なんだよ。きっと。

英語の歌詞って、日本人には絶対に理解できないものがあって、ちょっと寂しくもあるんだけど、逆に想像力が膨らむかな、とも思う。
http://rincanohanasi.blog81.fc2.com/blog-entry-27.html

上のリンクは他の方のブログに、歌詞と和訳ものってるので貼らせてもらった。(こういうのって良くないのかな?)

というのも最後の大サビの部分、

Whatever you do
Whatever you say
Yeah I know it's alright

って、歌詞の流れもプラスして訳すと

『僕は自由になんでもできるんだ。君も好きなようにやって良いんだよ。間違ってなんかいないから。』

というとてもハッピーな頑張れソングだとずっと思ってたんだけど。

あるとき辞書で、Whatever you say が「無条件の降伏」「いいよ。わかった。君の言う通りにする」などの意味で使われてる事を知ったとき、ちょっと考えが変わった。

この人たちはもっと放り投げた言い方で

『おれはおれの好きなようにするから、お前も勝手にしろよ。おれの知った事じゃない』

って言ってるんじゃないかって。

曲が優しいけど、この人たちの中のトゲってものすごいギラギラしてるから、このくらいの事を言ってても不思議じゃない。まぁ、ほんとにわからんけど。

英語を訳さずに読める(ちょっとだけ)ようになってからは、なるたけ日本語を見ないで、英語の頭で読むようにしてる。

言葉だから、そっちのほうが伝わってくる気がするから。
スポンサーサイト

| 音楽 | 18:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syokorapocket.blog53.fc2.com/tb.php/12-3bacba5a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。