PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

蒼い風に吹かれて




かっこいいってなんだっけ。

って思い出させてくれるバンド。

BOOWYからB BLUE



GLAYのリーダーTAKUROさんは、友人の家でこのレコードを初めて聴いたとき、あまりの衝撃に
「おれ、帰るわ」といって、その家を出て、レコード店でこれを買い、自宅で聞き続けたそうだ。

かっこよかったから。

理由は多分それだけ。

人生で「これ夢じゃないよな?」って思える程感動することが、まぁ、あるかないかはわからないが、
とにかくTAKUROさんにとってはB BLUEで。おれにとっても音楽だけど、またそれは別の話。

そんな話を聞く前からBOOWYは好きだった。
中学の頃にベストを借りて、「これが10年以上前の曲!?」ってそのかっこよさに驚いた。

高校の頃はBOOWYのコピーもやったなぁ。ぶっちゃけ全然世代じゃない。一回ライブハウスでやったら、「今の時代にBOOWYやってくれるなんて!」ってちょっと感動された。笑

YouTubeで色んな動画が見れるようになったけど、これを見たときはさすがにビックリした。
生まれた年のTVってのもあるけど、なんといっても氷室さんに。

全然、ベストな状態じゃないし、今のTVでやったらネットで批判食らいそうな演奏だが。笑

でも氷室さんの自由な振る舞いや、仕草は今のアーティストよりも断然かっこ良く見える。
かっこいい人間になりきってんだ。
ヒーローやってんの。この人。ロックヒーロー。

だからこんな人、町中歩いてたら絶対違和感あるんだけど、画面の中だと違和感無くて、むしろかっこいい。

音楽やってる人って、どんどん一般人化してるからつまんないなーって思っちゃう。
そこら辺を歩いていても、違和感のない人たちばっかり。
目指すものが、ヒーローじゃなくてお洒落さんになってるんだと思う。
かっこつける事と、お洒落する事は別だと思うから。

だから自分はどうやってやろう、ってまだ方向性は決まってる訳じゃないけど。
とにかくおれの憧れた音楽は、かっこつけて、ヒーローになろうとして、それでかっこいい人だった。

ちょうどこんな感じ。
スポンサーサイト

| 音楽 | 14:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://syokorapocket.blog53.fc2.com/tb.php/10-2991d886

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。