2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LOVE SONG

二人は見ていた

ずっとずっと。そこで静かに。

汚れた町の一望できるところだった。
誰かがそれに気付いて尋ねたけど、二人は何も答えない。

今じゃ誰も二人を気にする人はいなくなった。

雨も降ったし、雪も降った。
でも、二人はそこで黙って座ってた。
繰り返すあくびも、いくつも夜をこなしても。

町の中では、人々が抱き合ったり、傷つけ合ったり、
嘘ついたり、歌を歌ったり、ご飯を食べたり、
とっても賑やかで、忙しそうだった。

そんな町をずっと見てた。

ただただ、黙って。

きっと、ずっと見てるんだと思う。
これからも。

町が亡くなって、また誰かがそこに住んで、町になって。

そんな風景を見てるんだと思う。

そうして、思い出したように、懐かしい歌を口ずさんだ。
もう一人が聞いた。その歌、なんだっけ?

たぶん、愛の歌。

二人一緒にいたくせに、お互いがお互いを確認することもなく
ずっと一人でいたことに、今更ながら気付いた。

そして、やっぱり町を眺め続ける。
また、ずっとずっと長い時間を。

≫ Read More

| 雑記 | 19:25 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。